コンテンツにスキップ

Teams送信ノード

Teams送信ノード

概要

Teamsへの送信をおこなうノードです。

新ノード

2021/02に追加されたノードです。フローエディターにこのノードが存在しない場合、このノードを利用するためにノード追加作業後にフローエディター再起動が必要になります。ノード追加はこちらを、フローエディター再起動こちらを参考にしてください。

モジュール名
node-red-contrib-rs-msteams

設定の流れ

Teams送信ノードを利用する際に、Teams側でもIncomingWebHookの設定が必要になります。 簡単に流れを記載すると

  1. TeamsでIncomingWebHookを作成
  2. robosteinのエディター画面でTeams送信ノードにコネクタのWebhook URLを設定
  3. Teamsへ送信が出来るか確認する

1.TeamsでIncomingWebHookを作成

IncomingWebHookを検索

Teamsアプリ画面上部の検索ボックスで「IncomingWebHook」を検索。

Teams設定

IncomingWebHookを追加

追加したいチームを選び「コネクタを設定」をクリックします。

Teams設定

Teams設定

IncomingWebHookを作成します。「名前」「画像」を設定し、「作成」をクリックします。

Teams設定

表示されたIncomingWebhook URLをコピーし、「完了」をクリック

Teams設定

2. robosteinのエディター画面でTeams送信ノードにコネクタのWebhook URLを設定

プロパティ画面でTeams画面でコピーしたIncomingWebhook URLを設定

Teams設定

3. Teamsへ送信が出来るか確認する

では上記Teams送信ノードから実際に送信されるか確かめてみます。以下の動画をご覧ください。

Teams送信の確認
Teasm送信ノード「テストメッセージを送信」をクリック。
Teamsにメッセージが送信されている事を確認。

設定項目

Teams設定

項目名 説明
コネクタのWebhook URL TeamsのIncomingWebhook URLを設定します。詳しくはこちらをご参考にしてください。
テストメッセージを送信 クリックすると、設定したTeasm IncomingWebhookへの送信テストを行います。詳しくはこちらをご参考にしてください。
メッセージ種類 テキストメッセージ、オブジェクト指定(Office 365 コネクタ カード)を選べます。
投稿メッセージ 送信するメッセージを設定出来ます。固定文字、変数のどちらでも可能です。
メッセージ本体 送信するメッセージを設定出来ます。

メッセージ種類

メッセージ種類によって入力項目が変化します。