コンテンツにスキップ

LINE WORKS受信ノード

LINE WORKS受信ノード

概要

このノードはLINE WORKSからのメッセージを受信する事が出来ます。受信した内容はpayload内に格納されます。

新ノード

2021/02に追加されたノードです。フローエディターにこのノードが存在しない場合、このノードを利用するためにノード追加作業後にフローエディター再起動が必要になります。ノード追加はこちらを、フローエディター再起動こちらを参考にしてください。

モジュール名
node-red-contrib-rs-lineworks

設定の流れ

LINE WORKS受信ノードを利用する際に、LINE WORKS側でも準備、設定が必要になります。 簡単に流れを記載すると

  1. robosteinのエディター画面でLINEWORKS受信ノードにCallback URLを設定
  2. LINE WORKS Developer Consoleで各種設定
  3. Botの登録、追加、招待
  4. robosteinのエディター画面でLINEWROKS受信ノードの設定
  5. LINE WORKSの受信が出来るか確認する

となります。上記に沿った形で説明します。

1.robosteinのエディター画面でLINEWORKS受信ノードにCallback URLを設定

LINEWORKS受信ノードから「Callback URL」を設定、取得します。

Callback URLの設定

プロパティ画面でCallback URLを設定(下記赤枠をクリック)

LINEWORKS設定

Callback URLの取得

「このノードへのCallback URL」のURLをコピーし完了を押して保存する。

2. LINE WORKS Developer Consoleで各種設定

LINE WORKS Developer Consoleから各種値を取得します。

Domain IDの取得

Domain IDをコピーしテキストエディター等に保存

LINEWORKS設定

API IDの取得

APIを選択し、API IDの「発行」をクリック

LINEWORKS設定

発行したAPI IDをコピーしテキストエディター等に保存

LINEWORKS設定

Server API Consumer Keyの取得

APIを選択し、Server API Consumer Keyの「発行」をクリック

LINEWORKS設定

権限、有効期限を選択し、発行したServer API Consumer Keyをコピーしテキストエディター等に保存

LINEWORKS設定

LINEWORKS設定

LINEWORKS設定

Server List(ID登録タイプ)の追加

APIを選択し、Server List(ID登録タイプ)の「追加」をクリック

LINEWORKS設定

Server List(ID登録タイプ)の保存

発行したServer API Consumer Keyを選択し「保存」をクリック

LINEWORKS設定

Server List(ID登録タイプ)、Server List 認証キーの取得

発行したServer List IDをコピーしテキストエディター等に保存、認証キーをダウンロード

LINEWORKS設定

3. Botの登録、追加、招待

LINE WORKS Developer ConsoleでBotの登録

Botを選択し「登録」をクリック

LINEWORKS設定

「Bot名」「説明」「Callback URL」「Botポリシー」「主担当」Botを入力し「保存」をクリック

LINEWORKS設定

項目名 説明
Bot名 LINE WORKS上で表示されるBotの名前を入力。名前はわかりやすい名前であればなんでも構いません。
「説明」 Botの説明を入力。
Callback URL 上記でLINEWORKS受信ノードから取得した「このノードへのCallback URL」を入力。運用にあわせてメッセージタイプをチェック。
Botポリシー 運用にあわせてチェック。

Bot No.の取得

Botが「準備中」で登録されます。発行されたNoをコピーしテキストエディター等に保存

LINEWORKS設定

robostein LINEWORKS受信ノードでBotの登録

robosteinフローエディターでLINEWORKS受信ノードプロパティ画面を開き、LINE WORKS トークBotを設定(下記赤枠をクリック)

LINEWORKS設定

各種プロパティを入力、アップロードし、設定が問題無いか「トークン取得確認」をクリックしてチェック

LINEWORKS設定

OKと返ってくる事を確認

LINEWORKS設定

問題無ければの「トークBot初回登録」をクリックしてBotを登録

LINEWORKS設定

LINE WORKS Developer ConsoleでBotを公開

追加したBotを開き「修正」をクリックします。公開設定をONにして「保存」をクリックします。

LINEWORKS設定

LINEWORKS設定

LINE WORKS トーク画面でBotを招待

LINE WORKS トーク画面で、Botを追加したいトークルーム右上の「・・・」から「Bot招待」を開き、招待するBotをチェックし「招待」をクリックする。

LINEWORKS設定

LINEWORKS設定

4.robosteinのエディター画面でLINEWROKS受信ノードの設定

メッセージの受信をしたいのでmessageにチェックを入れます(下記赤枠をクリック)
次に「完了」を押して設定を完了します。

LINEWORKS設定

5.LINE WORKSの受信が出来るか確認する

では上記LINEWORKS受信ノードにdebugノードを付け、実際に受信するか確かめてみます。以下の動画をご覧ください。

LINE WORKS受信の確認
デバッグウインドウを表示し簡単なフローを作成。
LINE WORKS上からメッセージを入力。
デバッグウインドウにLINE WROKSからメッセージが渡ってきているか確認しています。

API IDのキャッシュ

LINW WORKS側でAPI IDを削除して再作成した場合、LINE WORKS上にキャッシュが残り1日程度Botと接続ができなくなる状況が確認されています。