コンテンツにスキップ

ファイル保存ノード

ファイル保存ノード

β版ノード

このノードは[β版]です。 動作確認は行っておりますが、利用制限や、予告なく仕様が変更される可能性があります。
また、利用して気付いた点、改善して欲しい点等ございましたら、こちらからご意見をお寄せください。

制限事項

・ファイル保存領域に上限(目安5G程度)があります。大量のデータを保存するとrobosteinの動作に不具合が起きる可能性があります。

概要

msg.payloadの内容をrobostein上にファイル保存、また保存したファイルを上書き・削除します。
このノードを使ったサンプルフローも参考にしてみてください。

新ノード

2021/07に追加されたノードです。フローエディターにこのノードが存在しない場合、このノードを利用するためにノード追加作業後にフローエディター再起動が必要になります。ノード追加はこちらを、フローエディター再起動こちらを参考にしてください。

モジュール名
node-red-contrib-rs-file

設定項目

ファイル保存ノード

項目名 説明
ファイル名 操作するファイル名を設定します。'/'で階層を作成する事も出来ます。msg.filenameに値が格納されていればこちらの設定は省略可能です。両方設定されている場合、こちらに設定した値が適用されます。
動作 「ファイルへ追記」「ファイルを上書き」「ファイルを削除」から選択します。
メッセージの入力のたびに改行を追加 「ファイルへ追記」「ファイルを上書き」をする際、最後に改行を追加したい場合にチェックします。
文字コード 文字コードを選択します。「デフォルト」を選択するとmsg.payloadに格納した値がそのまま適用されます。

msg変数設定

ファイルに出力する内容はmsg.paylodに格納しファイル保存ノードへ渡します。

項目名 説明
msg.payload ファイルに出力する内容を格納します。
msg.filename 操作するファイル名を設定します。ノードの「ファイル名」が設定されている場合、ノードに設定された値が適用されます。