コンテンツにスキップ

LINE WORKS送信ノード

LINE WORKS送信ノード

概要

LINE WORKSへの送信をおこなうノードです。

新ノード

2021/02に追加されたノードです。フローエディターにこのノードが存在しない場合、このノードを利用するためにノード追加作業後にフローエディター再起動が必要になります。ノード追加はこちらを、フローエディター再起動こちらを参考にしてください。

モジュール名
node-red-contrib-rs-lineworks

設定の流れ

LINE WORKS送信ノードを利用する際に、LINE WORKS側でも準備、設定が必要になります。 簡単に流れを記載すると

  1. LINE WORKS Developer Consoleで各種設定
  2. LINE WORKSでbotを登録、追加、招待
  3. LINE WORKSトークルームIDを取得
  4. robosteinのエディター画面でLINEWROKS受信ノードに各種パラメータを設定
  5. LINE WORKSの送信が出来るか確認する

となります。上記に沿った形で説明します。

1.LINE WORKS Developer Consoleで各種設定

こちらの設定はLINE WORKS受信ノードの説明に記載しております。こちらをご参考にしてください。

2. LINE WORKSでbotを登録、追加、招待

こちらの設定はLINE WORKS受信ノードの説明に記載しております。こちらをご参考にしてください。

3. LINE WORKSトークルームIDを取得

LINEW ORKSトークルームIDを取得します。取得方法は幾つかあります。ここではWindowsアプリとLINE WORKS受信ノードを使った取得方法を説明します。その他の方法についてはこちらをご参考にしてください。

Windowsアプリを使った取得方法。

トークルームでキャプチャ送信(下記赤枠をクリック)

LINE WORKS送信ノード

トークルームに送信されたキャプチャ画像下部の「フォルダを開く」をクリック

LINE WORKS送信ノード

キャプチャ画像と同じ更新日時のフォルダ名がトークルームID

LINE WORKS送信ノード

LINE WORKS受信ノードを使った取得方法。

受信メッセージをdebugノードで出力すると「roomId」が確認できる

LINE WORKS送信ノード

4.robosteinのエディター画面でLINEWROKS送信ノードに各種パラメータを設定

プロパティ画面でLINE WORKS トークBotを設定(下記赤枠をクリック)

LINE WORKS送信ノード

こちらの設定はLINE WORKS受信ノードの説明に記載しております。こちらをご参考にしてください。

プロパティ画面で先程取得したトークルームIDを設定

LINE WORKS送信ノード

LINE WORKSへの送信が出来るか確認する

では上記LINE WORKS送信ノードにinjectノードを付け、実際に送信されるか確かめてみます。以下の動画をご覧ください。

LINE WORKS送信の確認
injectノードでフローの実行
LINE WORKSにメッセージが送信されている事を確認。

設定項目

LINE WORKS送信ノード

項目名 説明
送信先メンバーアカウント メッセージを送信したいメンバーアカウントを指定します。
送信先トークルームID メッセージを送信したいトークルームIDを指定します。
メッセージの種類 テキストメッセージ、画像、リンクメッセージ、スタンプ、オブジェクト指定を選べます。
メッセージの内容 送信するメッセージを設定出来ます。固定文字、変数のどちらでも可能です。
画像 ファイルを添付出来ます。
画像ファイル名 送信するファイルの名称を設定出来ます。
本文のテキスト 送信するメッセージを設定出来ます。固定文字、変数のどちらでも可能です。
リンクのテキスト 送信するメッセージ下部に表示されるリンク部の文字列を設定出来ます。固定文字、変数のどちらでも可能です。
クリック時の遷移先URL 「リンクのテキスト」をクリックした時の遷移先を指定出来ます。固定文字、変数のどちらでも可能です。
パッケージID 詳しくはこちらをご参考にしてください。
スタンプID 詳しくはこちらをご参考にしてください。
メッセージ内容 詳しくはこちらをご参考にしてください。

メッセージの種類

メッセージの種類によって入力項目が変化します。