コンテンツにスキップ

Googleスプレッドシートノード

Googleスプレッドシートノード

概要

Googleスプレッドシートに対し様々な操作をする事が出来ます。

新ノード

2021/03に追加されたノードです。フローエディターにこのノードが存在しない場合、このノードを利用するためにノード追加作業後にフローエディター再起動が必要になります。ノード追加はこちらを、フローエディター再起動こちらを参考にしてください。

モジュール名
node-red-contrib-rs-spreadsheet

設定の流れ

Googleスプレッドシートノードを利用する際に、Google Sheets APIの準備、設定が必要になります。 簡単に流れを記載すると

  1. Google Sheets APIを有効化
  2. robosteinのエディター画面でGoogleスプレッドシートノードの設定

となります。上記に沿った形で説明します。

1.Google Sheets APIを有効化

Google Cloud PlatformでAPIを有効化、credentialsファイルを取得します。

プロジェクト作成

「Google Cluod Platform」の右にあるプロジェクト選択をクリックし、「新しいプロジェクト」をクリック

Googlesheets設定

「プロジェクト名」を入力し「作成」をクリック

Googlesheets設定

Google Sheets API有効化

「APIとサービス」をクリックしダッシュボード表示

Googlesheets設定

「+ APIとサービスの有効化」をクリック

Googlesheets設定

「Google Sheets API」を検索

Googlesheets設定

「有効にする」をクリック

Googlesheets設定

Oauth同意画面設定

User Type「内部」を選択し「作成」をクリック

Googlesheets設定

「アプリ名」「ユーザーサポートメール」を入力

Googlesheets設定

「デベロッパーの連絡先情報」を入力し「保存して次へ」をクリック

Googlesheets設定

スコープは特に指定せず「保存して次へ」をクリック

Googlesheets設定
Googlesheets設定

OAuth クライアント IDを作成

「認証情報を作成」から「OAuth クライアント ID」を選択

Googlesheets設定

「デスクトップアプリ」を指定、「名前」を入力、「作成」をクリック

Googlesheets設定

credentialsファイルを取得

発行された認証情報をダウンロード

Googlesheets設定

2. robosteinのエディター画面でGoogleスプレッドシートノードの設定

robosteinフローエディターでGoogleスプレッドシートノードプロパティ画面を開き、各種設定を行います。

credentialsファイルの設定

credentialsファイルを読み込み「承認画面を開く」をクリック

Googlesheets設定

Googleアカウントの選択、許可

Googleアカウントの選択画面が開くので、使用するアカウントを選択し「許可」をクリック

Googlesheets設定

発行されたコードをコピーしテキストエディター等に保存

Googlesheets設定

アクセストークンの取得、設定

コードを入力し「アクセストークンを取得」をクリック。アクセストークンが表示されたら追加をクリックし設定完了。

Googlesheets設定